串本の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串本でオオモンカエルアンコウ

串本で大きなオオモンカエルアンコウが2匹、アオリイカの産卵用の木の枝に乗っていました。

オオモンカエルアンコウ
オオモンカエルアンコウ1

オオモンカエルアンコウ2

オオモンカエルアンコウ3

オオモンカエルアンコウ4
上の写真で奥に写っている子の正面の顔です。イカツイ顔してますがお腹がパンパンの女の子。

右上でプカプカ浮いているのはガイドさん。私はリクエストで「大きなオオモンが撮りたい!」と言ったものの、
前日まで海は大荒れで「どこに居るのかわからない!」とガイドさん。でも、きっちり見せてくれました。 
しかも2匹。ありがとう~    体長300㍉以上!?



イソコンペイトウガニのその後
イソコンペイトウガニ
前回に見たイソコンにまた会えました!。左のトサカが枝分かれして更に成長していました。
どこまで大きくなるのか?今後が楽しみ~



スポンサーサイト

串本のクマノミ

クマノミの夫婦が仲良く卵の世話をしていました。


クマノミの夫婦
クマノミペア
尾の黄色が濃いほうがオス。そのオスの視線の先に黒っぽく見えるのが卵です。

クマノミペア2
オスが頻繁に卵の世話をしていました。ヒレを扇いで新鮮な水を卵にかけています。
メスは威嚇担当なのか?廻りをぐるぐる泳ぎまわって、撮影する僕を睨んだり指をつついたり。「近寄るな!」
と言っております。
メスの体長は80㍉ぐらいだけれどすごい迫力。

クマノミペア3
メスも卵を見に来ますが、すぐにオスが…。

クマノミペア4

クマノミの卵
クマノミタマゴ
まだ生まれたばかりの卵。 無事に育ってね~

串本でノコギリハギyg

今の時期いろんなサカナたちの幼魚を見かけます。今回の串本で見かけたノコギリハギですが、
最高にキュートだったので紹介します。

ノコギリハギ幼魚
ノコギリハギ1
ノコギリハギはハギの仲間なので毒はありませんが、
毒のあるシマキンチャクフグに擬態することによって、身を守ると言われています。

ちなみに捕食者は毒のある魚を口にして、初めて毒があることを知り、学習するそうです。

廻りを見てもシマキンチャクフグはあまり見かけないハナキンチャクフグは沢山いるけれど…。
ちゃんと擬態になるの??     体長15㍉

ノコギリハギ2

ノコギリハギ3

ノコギリハギ4

ノコギリハギ幼魚とイソバナ
ノコギリハギ5
上の4枚は105㎜マクロレンズで~  最後の1枚はトキナーの10-17㎜で撮りました。
イメージして狙ったわけではなく、ワイドマクロの写真を狙っていたからマクロレンズを持っていなかっただけ。
あまりにもいい場所に居たので強引に撮ってしまいました!  結果は予想以上!?    体長10㍉

ちょっと変わった子達

海の中にはいろんないきものが居るんですね。いまだに水中で見るほとんどのいきものの名前を知りません。いきものが好きで始めたダイビングのハズなのに…。

一月ぐらい前に串本で潜ったときの写真です。串本はしばらく潜っていなかったのですが、やっぱり串本の海は楽しい~ 知らないいきものだらけです。

ミゾカイカムリ
ミゾカイカムリ1
水中では赤色が吸収されてしまいます。生で見るととても地味。
正直ガイドさんに紹介されたとき、シャッターを切るか迷いました。けれど光を当てるとなかなかキレイじゃないですか~ 髪型?もカッコイイ! 甲幅40㍉

イソコンペイトウガニ
イソコンペイトウガニ1
この子はさすがに僕も知っています。でも、こんなすごいウミトサカを付けている子は見たことがない。
普通は宿主のウミトサカのポリプを体の突起物に引っ掛けている程度。 全体で30㍉

コチラは背中側
イソコンうしろ姿1
完全に生えてます。

アミの仲間?ヨコエビの仲間?
ヨコエビ1
小さいです。3~4㍉  ゆらゆらと潮に身をまかせています。何者でしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。