スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須江のクロホシイシモチ

須江の内浦ビーチ水深3mです。

テトラポットの廻りに群れているクロホシイシモチを撮ってみました。
人工物はあまり写真に入れたくないのですが、須江のテトラポットは別です。
表面には海藻が生え、サンゴやソフトコーラルも育ちます。
そして小さなサカナ達が住家にして、すっかり自然に溶け込んでいます。
クロホシイシモチ2
水深が浅いので日差しが海底まで入りとてもきれいな風景になります。

D800   Ai AF Nikkor 14mm f/2.8D ED


スポンサーサイト

コメント

これがテトラポットにはとても見えません。
日差しがキラキラときれいにはいってますねえ~
azure159さん
透明度もよくとてもきれいでした。
テトラポットの複雑な形状が小さなサカナには
良い隠れ家になってみたいです。
ワープ
アラックには、魚が星に見えてしまいました、
スターウォーズですよ、ワープです、躍動感を
感じました、バグース!
きれいですね~
ワイドらしい作品だと思います。
差し込んでいる光が本当にきれいです^^
アラックさん
またまた宇宙を連想していただきありがとうございます。
海中で身近に宇宙感を感じられるダイバーは幸せなのかも知れませんね~
みゆさん
知っての通り須江と言えばマクロネタが充実していますが、
ワイドも素晴らしい海です。
冬の海は大好きです。
中央にある突起を迂回するように流れている魚の群れが「動き」を感じさせます。
差し込む陽の光も、波でゆらめいてるように感じました。
不思議だな、写真なのに動画を見てるみたい・・
マクロは「瞬間」ですけど、ワイドは「動き」なのかな?
勝手な解釈ですけど(^^;
nobumamiさん
なるほど~言われて納得(笑)
そういえば動きのある写真を無意識で撮ってるし、選んでいます。
あとワイドは自然光が中心になるので、同じポイントでも日の高さで、
全く違う写真が撮れますよ~

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。